定着支援の現場から 5月 vol.2

職場定着・就労定着支援のご報告です~

今日は定期面談でOさんが働く高石市立図書館を訪問しました。
休館日で、職員さんが普段よりも多かったです。
面談の中で、今日は「館内撮影禁止」のポスターを作成して職員さんの前で発表したとのお話が。5月の1ケ月間の制作物を見せてもらった上に、「撮影禁止」のポスターまで撮影させていただきました(笑)。

それにしても、ひとつひとつの制作の意図や発想の豊かさに脱帽です。
上司の方からも制作物のクオリティを評価していただいて、日々やりがいを感じながらお仕事をされているようです。もちろん、図書館には他の業務もあるのですが、それらをこなす中で、次の制作へのイメージをふくらませておられるのかなと思いました。
株式会社図書館流通センターの皆様、お忙しい中、お話を聞かせていただき有難うございました。

定着支援の現場から 5月 vol.1

職場定着・就労定着支援のご報告です~

今日は泉大津市にある物流会社を訪問。
コラール明日架の訓練を経て就職されて約5カ月。
時々、来所していただいたり、電話でもお話をうかがってはいるものの、こうして、すっかり職場にも仕事にも慣れて、台車の扱いもスムーズにされている姿を見ると「頼もしい!」
コラール明日架に通っておられる時は、不安や緊張がなかなかとれなかった方ですが、休まず出勤され、上司の方からも「真面目に頑張っている、今は新しい業務にもチャレンジしている」とうかがい、安堵しました。
今は、お昼に食べる社食の牛丼にはまっていると言われてましたが、
体力の要る仕事なので、身体は引き締まってスリムに(*^^)v
お給料で自分にご褒美♪もいいですね~
また、お話を聞かせてくださいね!

 

就労定着支援が始まっています

コラール明日架では今年の1月から新しく「就労定着支援サービス」を始めました。
これは、就職後6ケ月を経過された方が、長く働き続けていけるよう
スタッフが困った時に相談にのったり、職場を訪問して勤務先との調整に入ったりするものです。
仕事を長く続けていると、だんだん責任が重くなってきたり、
上司や指導の担当者が異動になったり、ご自身の家庭環境が変わって
それが仕事に影響を及ぼすことなどもあります。
これまで、ご本人からの訴えがないと、なかなか気づけないこともあったのですが
就労定着支援が始まってからは、早めに皆さんの不調に気づけるようになりました。

また、就職された方が働いている会社を定期的に訪問させていただく中で
感動するような言葉や場面に出会うことがあります。
それは、利用者さんの変化だったり、職場の変化だったり、
会社の方が仕事への向き合い方を話してくださった時だったりもします。
そんな会社にお勤めの方は、職場でしっかり自分の「居場所」をみつけていかれるようです。

これからは、ブログでそんなお話もお伝えできればと思います。
こうご期待あれ。